ポジティブ情報とネガティブ情報は審査に影響する

カードローンやクレジットカードの利用情報は、個人信用情報機関に登録されており、これを元にして審査が行われます。
過去の借り入れ状況がよければポジティブ情報、悪ければネガティブ情報に該当するわけです。
銀行でお金を借りるときにも関係するポジティブ情報とは、いわゆるホワイトリストのことであり、一般的な利用者を指しております。
遅延、債務整理などのマイナス要素がなく、一定の信用を確立できている状態です。
ただし、ホワイトにはローン・クレジットの未契約者も含まれるので、信用度を図る基準としては完璧ではありません。
ネガティブ情報とは、ブラックリストに登録されている状態を指しており、過去に遅延、債務整理などをした人が該当します。
信用が低くなっている状態なので、ローン・クレジットの審査に通りにくくなります。
同じ職業・年収なのに、審査に通る人・通らない人にわかれるのは、こうした個人信用情報が関係しているからです。
銀行でお金を借りる方法でも注目されるネガティブ情報の登録機関は最長で5年間となっており、その後はポジティブ情報として扱われます。
ただし、遅延・債務整理をして事故情報として登録された金融機関に対しては、ずっとブラックとして扱われることが多いため、新しい金融機関を選んで借りるべきでしょう。
ローン・クレジットを利用する方は、遅延・債務整理をしないように計画的な返済プランを組み立てるべきでしょう。
すべての失敗は借りすぎ・使いすぎから生じるので、常に返済能力と利用額を比較しておく必要があります。