気になるキャッシングブラックとはどんな状態?

キャッシングブラックとは過去の借り入れにより返済遅滞や返済不能を起こし、民事再生、自己破産等の債務整理を行ったために、新規でキャッシングを申し込もうとしても審査が通らないケースをいいます。
俗にブラックリストに載ったという言い方をします。
各金融機関が実際にブラックリストなる顧客リストを作成しているかは、明確ではありません。
ですが、各金融機関では審査にあたって信用情報登録機関というところに、顧客の信用情報を照会します。
過去に消費者金融などの貸金業者を含め、いずれかの金融機関で借り入れをしていると、その履歴が登録されています。
各金融機関は自身の顧客の信用情報を、それぞれ信用情報登録機関に登録し、お互いに情報を共有し合っているのです。
キャッシングやカードローンの契約時には、信用情報登録機関に個人情報および信用情報を提供することに各契約者が同意しています。
ですから、情報の共有は正当な行為です。
現在の債務残高や契約状況のほか、返済遅滞等の状況が照会できるほか、自己破産等の債務整理については5年から10年消されることがありません。
そのため信用情報に問題があるという履歴が消えない限りは、どこの金融機関で借り入れを申し込んでも審査が通らなくなります。
一方、キャッシングブラックとなった顧客に対して、信用情報に問題があっても借りられると勧誘してくる業者がいます。
たいていは正当な登録を受けていない悪質業者ですので、勧誘に乗らないよう気を付けましょう。