キャッシングカードと銀行カードローンの違いについて考えてからお金をかりよう

個人向けに融資してもらう方法としては、キャッシングカードと銀行カードローンという2つのやり方が人気となっています。
両者とも、提携しているコンビニエンスストアや銀行などにあるATMやCDからお金を引き出せるという点ではとても似ています。
よく似ているのでよく混同されやすいですが、銀行でお金を借りるにしても両社には違いもあるのです。
これからお金を借りようと思っている方は、両者の違いをよく把握してから利用するようにしてください。
キャッシングカードでお金を借りる際には、クレジットカードやキャッシングカードに付属している「キャッシング」枠を利用することになります。
このキャッシングで借りられるのは、あらかじめ決められた限度額までとなります。
キャッシングで借りたお金の返済方法は、翌月に一括返済となっているところが多いです。
ただ、キャッシング業者によっては一括払いだけでなく、銀行でお金を借りる方法リボルビング払いなどの分割での返済が可能としているケースもあります。
銀行カードローンでお金を借りる際には、その銀行から発行されたカードを使ってお金を借りるシステムとなっています。
銀行カードローンの特徴は、総量規制(年収の3分の1以上は借入ができない)の対象外となることです。
また、融資限度額が比較的高い金額となっているのも特徴ですね。
大手の銀行系列ですと、信頼性も高いので安心して利用できるという魅力もあります。
なお、カードローンで借りたお金の返済は、基本的にリボルビング払いとなっています。