無担保貸付、無担保ローンとはどのようなものか?

多くの人にとって、一番なじみのあるローンと言えば、住宅ローンになるでしょう。
ご存知のように、住宅ローンは融資を受ける際に、その購入不動産に抵当権という物権が設定されることがほとんどです。
ここで言う、抵当権がまさに担保を意味し、万が一返済ができないようなこととなった場合には、この抵当権が実行されて優先して抵当権者が弁済を受けることができるシステムです。
融資をした人から見て、いざという時の保証、それが担保ということになります。
銀行でお金を借りる際に担保があるということは、債権者からすれば一定の返済漏れの防止となるため、住宅ローンのようなまとまった額の融資の場合には担保ありのローンが多くなります。
それに対し、このような抵当権等の担保が融資の条件とならないローンもあります。
それが、無担保貸付、無担保ローンというものになります。
銀行でお金を借りる方法のなかでお金を借りる側から見ると、担保を差し出さなくて良いという点で、お得かなと感じる人もいると思いますが、一概にどちらがお得かは決められないものです。
一般に、有担保ローンと無担保ローンでは、有担保ローンの方が貸し出し金利が優遇されていることが多いようです。
それは、融資をしてくれる債権者が貸し倒れのりリスクが低くなるために、金利を優遇してくれるからです。
他方、全ての人がお金を借りる場合には、必ず担保としうる財産を保有しているとは限らないため、そういう意味で、無担保貸付、無担保ローンがありがたいケースもたくさんあるでしょう。